外国人が在留期日を過ぎて日本に滞在した場合どうなるかを知りたい。

外国人が在留期日を過ぎて日本に滞在してしまった場合を知りたい。

在留期日を過ぎる事≒オーバーステイ
外国人が在留カードに記載してある在留期限を過ぎてしまって、日本にいる期日を過ぎ不法滞在することを言います。
誰でも、あっ!忘れたという事は多々ありが、一番重要な部分なので、もし、期日が過ぎて
オーバーステイしてしまった場合はどのように対処すればいいのかでしょうか?

答え:残念ながら、オーバーステイの事実から逃げれる方法は残念ながらありません。
不法滞在で逃げ惑う生活をしたら、就職やアルバイトも日本では出来ません。
今は日本の会社も外国人の雇用に関しては知識がついて来てますので、簡単に不法滞在がバレてしまいます。

自分のビザを持って入国管理局に行ってみるとどうなるのか?

入国管理局に出頭するとどうなるか?
1.その場で拘束されるみたいです。オーバーステイと言われたらそこまでです
2.次は入国審査官に身柄を受け渡しされるみたいで、怖いですね。。。
3.違反しているかの検査受けて、あなたは【違法】ですと言われたら強制退去だそうです。

よく日本のテレビとかで、風俗店や水商売で警察だぁ!動くなぁって摘発のテレビがやってい
ますが、その際に摘発により、オーバーステイが発覚した場合は、原則として収容されることになっています。

じゃ不当には働いている方がいいと思いますが、、、

摘発され身柄拘束をされてしまった場合
オーバーステイにより身柄を拘束されてしまっている場合は、身柄を解放するために、「仮放免許可申請」を行う必要がありますが、自分は拘束されてるので申請してもらう人が必要で面倒です。入国管理局が外国人に対して仮放免の理由があるのか?会社勤め? 学校? やっぱり不法滞在?とかいろいろ調べて、あなたの銀行のお金や、あなたが日本で何をやっていたのか調べられて、お金を払って保釈されます。
保釈が認められるためには、特別な理由が必要なため本当に黙って不法滞在してアルバイトとかをしていたら、すぐに強制退去になってしまいますね。

私は正当な理由があってビザの更新が遅れた!

正当な理由があって、ビザの更新が遅れた。せっかく、入国管理局まで来て自分から言いに
来たのに、そらないでしょと言いたい人や、入国管理局の決定に納得がいかないよって人は
入国管理局の偉い人に対して、異議を申し立てることもできます。
強制退去手続の中で,ちょっと待ってよと申し立てして、入国管理局が審査されて、日本の大臣から、仕方ないいいよ!って言われた場合は引続き日本で生活することができます。
この強制退去の流れの中で申請する事を在留特別許可と呼ぶそうです。

在留特別制度の認められる人は

日本人と結婚式とか決まっている人
自ら入国管理官署に出頭申告した人
日本で小学校とか中学校に子供が通っている人
このように当てはまる場合、在留特別制度が認められる可能性があります。でも必ず許可されるかは私が審査するわけではないので、わかりませんが

在留特別制度を受けるために必要な書類とは?
在留特別許可取るためには一杯書類を用意しないといけないみたいです。これは日本人でも集めるのは大変です。

在留特別許可を求める理由書が必要ですね。口で言っても仕方ないので書面が必要
パスポート・在留カード・住民票・国民健康保険・マイナンバー・銀行の残高証明書や通帳・会社からの内定書・結婚するなら結婚の証明書・税金の払っている課税証明・子供なら学校の卒業書とか・・・・他にも理由が説明できるようなものですね。

これでは、普通に不法滞在をやっていた人肌審査合格しないは当然ですね。

在留特別許可を受けられなかった場合はて、強制退去の手続きがされ、日本から出国と言う事です。これでも不服がある場合は、方法はありますがここまで来て行うのであれば、行政書士や弁護士が出て来て対応してもらうのが一番です。在留特別許可も本来は行政書士とかに力を貸してもらわないと、本人だけではどうにもなりません。

まとめ

ビザ更新を忘れるだけでこんなにたくさんの申請許可や面倒なことが多数起きるのは怖いですね。
ビザ更新を忘れないように、自分の在留カードの期日の再確認をしておくといいですね。
仕事をしていますとついつい忘れたりしますが、日ごろの確認が重要ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

求人情報サイト運営事業 ベトナム人留学生及び日本国内転職者の就職支援、 株式会社ポケットは、日本で学びたい・働きたいと考えているベトナム人を支援する会社です。在日ベトナム人の総数は約26万人(2017年12月末現在)おり在留外国人比率では第3位でありながら、公共機関を始め生活の基盤となる施設や設備においてベトナム語に対応しているところは非常に少ないです。 そうした住みづらく働きづらい環境から来日後に様々な問題に直面する人々が増えていますが、当社は来日してくれたベトナム人が抱える様々な社会問題を解決すべくサービスを始めています。言語・風習・文化など様々な違いがありますが、日本の産業が発展していく上でお互いのことを理解しなければいけません。その助けになれるように社員一丸となって取り組んで参ります。