外国人なら知っておきたい日本語の能力試験とは?

日本語を勉強している人ならば、どれくらい自分が上達しているのか確認したくなるでしょう。そういうときに活用できる指針となるのが、実力を測定できる試験です。「日本語能力試験」や、大学入学選考試験である「日本留学試験」、ビジネスで必要とされる日本語力を測る「BJT ビジネス日本語能力テスト」などがあります。

これらのテストは客観的な指針となるだけでなく、就職や昇給、昇進のために使われることもあります。それぞれの試験の特性を知り、自分の目的に合わせて活用していきましょう。

5段階のレベルで診断

日本語能力試験(JLPT)は日本語を母語としない日本語能力を測定し、認定するための資格です。国際交流基金や、日本国際教育支援協会が実施している試験です。N1~N5まで、5段階で評価しており、高度なコミュニケーション能力を証明する最高レベルはN1です。日本各地や日本以外の国と地域で、7月と12月の年2回、実施しています。

日本語を勉強する人口は、日本語能力試験が始まった1984年当時から大幅に増加しました。現在、日本語の能力を測定する試験としては、世界最大です。受験する人は、実力を測定するだけではなく、就職や昇進、昇給、あるいは資格認定のために利用する人が多いようです。

大学で留学するための試験

日本語能力試験は日本語のみの実力を測定する試験ですが、日本学生支援機構が実施している日本留学試験(EJU)は日本語を含め、4科目あります。日本の大学で4年間、正規に留学する人のための試験です。

日本語は大学での勉学に対応できる日本語力を測定することが目的です。ほかの科目は受験生が、日本の高校生と比べて、どれくらいの学力レベルがあるかをテストします。日本の大学への入学選考試験の一つとして実施しています。

日本語以外の科目は理科(生物、物理、化学から2科目選択)、総合科目(日本の高校の「公民」と呼ばれる政治、経済、地理、歴史を合わせた科目)、数学です。なお、日本語の試験以外の科目は、英語での受験も可能です。

試験は年2回、6月(申込期間は2月から3月)と、11月(申込期間は7月初旬から下旬)に実施しています。オンライン、および郵送で申し込むことができます。出願の流れは、日本の大学側が日本留学試験でどの科目が必要かなどを事前に発表し、それにそって受験者が試験を受けて、出願します。大学が渡日前の入学許可を実施している場合は、自分の国や地域から受験できます。

ビジネスの日本語を6段階で測定

ビジネスで必要な日本語のレベルを測定するのが、日本漢字能力検定協会が主催する、BJTビジネス日本語能力テストです。日本語を外国語あるいは第二言語として学習しているビジネス関係者や学生を対象としています。

専門やバックグラウンドが異なる人にも、様々なビジネスの場面でわかりやすく日本語で説明したり、相手に質問をしたりするコミュニケーション力のほか、ビジネス文書の日本語の理解度も客観的に測定し、評価するテストです。

試験は日本各地及び日本以外の国.地域においてCBT(Computer Based Testing、コンピュータによるテスト) で毎月実施されています。テスト結果は0点から800点のスコアで採点され、J5~J1+の6階段のレベルで評価されます。

まとめ

日本語の実力を客観的に測定するための試験はいくつかあります。受験数が多い日本語能力試験(JLPT)のほか、大学留学のための日本留学試験(EJU)、ビジネスのコミュニケーション力を試すBJT ビジネス日本と能力テストなどです。日本語の力を伸ばすための目標にしたり、留学や就職のために受験したりでき、日本以外の国や地域で受験できるテストもあるので、積極的に活用していきましょう。