日本の病院・医院・診療所・クリニックの違い

日本の医療機関には、規模の小さな医院・診療所と、複数の診療科目を持つ病院があります。通常、両方を総称して「病院」と呼びます。

病院・医院・診療所・クリニックの違い

医院・診療所・クリニック

個人で経営している場合が多く、診療科目が限られています。かぜやちょっとしたなど、症状が軽いときに行きます。健康上の不安などの相談にものってくれます。

総合病院

複数の診療科目を持ち、検査のための器材や入院の設備が整っています。症状が重いときや、手術や入院が必要な場合に行きます。総合病院で診察を受けるためには、医院などからの紹介状が必要なことがあります。まずは地域の医院・診療所・クリニックで診察してもらい、必要なら大きな病院で専門的な治療を受けることをお勧めします。日頃から何でも相談できるかかりつけの医者をもつことが大切です。

多言語医療問診票

日本に住んでる外国人にとって日本は病院がたくさんあって迷いますよね。お腹が痛い・歯が痛い・風邪かも知れない。病院に行って上手く伝わるか不安ですよね。病院に行っても問診票も日本語なので、自分の病気が伝わりにくいですよね。

多言語医療問診票を事前に印刷を、病院にいけば安心して病院にいけます。印刷ができないときは、携帯の画面で看護師さんに見せながら会話すると説明もしやすいですね。

http://www.kifjp.org/medical/vietnamese/index.html