日本での電車の乗り方・乗車マナー・切符の買い方

日本の電車には、JRグループが運営する「普通電車」やその他たくさんの「私鉄」があり、日本全国さまざまなところまで広がっています。その種類は、普通電車(在来線)・「新幹線」など、数多くあります。ここでは、基本的な普通電車の使い方を紹介します。

きっぷを買う

普通電車に乗るときには、きっぷがあれば大丈夫です。きっぷは「乗車券」とも呼ばれます。基本的に電車に乗るには、お金で買ったきっぷを使って乗る方法と、ICカードを改札にかざすことで乗る方法の二つがあります。

きっぷの選び方

きっぷを券売機で買うときは、運賃表を見て目的地までのいくらかかるか確かめましょう。運賃表は、券売機の前にあったり、ネットで確認できたりします。簡単な線路では目的地まで楽に行くことができます。自分のいる場所と行き先をみて料金を確かめるだけです。

しかし東京や大阪など、多くの電車が走っているところは非常に複雑です。慣れていないと、まるで迷路のように感じられるでしょう。どのきっぷを買えばいいのか分からない場合は、駅員に聞くといいでしょう。

日本人でも、よく迷ってしまう人がいるくらいです。駅員には「新宿から東京に行きたい」と行き先を伝えて聞くと丁寧に教えてくれます。電車を間違えてしまうと、大きな時間のロスになるので注意が必要です。

券売機の使い方

まずは券売機にお金を入れ、目的地までの運賃のボタンを押しましょう。するときっぷが出てきます。ただしお釣りのとり忘れには注意が必要です。
右側:お金(コイン)を入れる場所
真ん中の上:紙幣を入れる場所
真ん中の下:おつりが出てきます
左側:きっぷが出てきます

ICカードで乗る場合は、先にICカードを作っておく必要があります。ICカードにチャージしておけば、券売機に並ばなくてもすぐ電車に乗ることができるので、非常に便利です。また、乗り換えがあったときにも自動で運賃を計算してくれます。ICカードは電車だけでなく、バスや地下鉄でも使うことができますよ。

改札を通る

きっぷかICカードを用意したら、改札を通りましょう。改札機は駅によって、きっぷ用、ICカード用、きっぷとICカードの両方使えるものがあります。東京などの都心部ではどちらも使えますが、地方ではきっぷしか使えない場合もあります。間違えないようにしましょう。

ICカードの場合は、改札機のカードマークの部分にしっかりタッチして通ります。きっぷの場合、投入口に入れると、改札機の向こう側からきっぷが出てきます。このきっぷは電車を降りるときに必要になるので、忘れずに受け取り、降りるまでなくさないように持っていてください。

電車を降りるときも同じようにICカードをかざすか、きっぷを入れて改札機を通りますが、このときにはきっぷは戻ってきません。ICカードの金額が足りなかったり、間違ったカードをタッチしていたりすると、改札機のエラー音が鳴って、通り抜けられないように入口が閉まってしまいます。

改札を通れないときには、改札口のところに駅員がいるので、その指示に従いましょう。機械が故障していたり、きっぷを買い間違えていたりする可能性もあります。電車に乗るときには少し早めに行動すると良いでしょう。電車を降りるときに料金が不足している場合には、のりこし精算機があるので精算すれば大丈夫です。

電車で嫌われる行為

電車内では、他の乗客と気持ちよく利用するために、いくつか気を付けたいことがあります。まずは、匂いに気を付けましょう。音もそうですが、匂いも電車の中では逃げ場がないため非常に迷惑と感じやすいものと思われます。

強い匂いを嗅ぐと頭痛をおこす人もいます。香水などは電車から降りた後につけるなどの配慮が必要です。化粧をする人混んだ電車内では控えるほうがいいでしょう。香水、ハンドクリームなどのにおいが強い人は注意しましょう。

何か食べ始める人

電車内では、食べ物を食べないようにしましょう。食べ物によっては匂いが強いですし、こぼしたりした場合に、他の乗客の迷惑になります。電車内では、サンドイッチですら匂いがきついです。新幹線など、乗客が決まった座席指定の場合には問題ありませんが、在来線など、複数の人が出たり入ったりする場所では注意しましょう。

座席に座って、靴を脱いでいる人自分の足の匂いが気にならないのは自分だけです。泥酔している人も迷惑になりやすいです。お酒の匂いもくさいと感じられることがほとんどです。終電間際など、お酒を飲んで帰宅することがあるかと思いますが、酔いすぎて吐くなどの迷惑をかけないようにしましょう。

まとめ

ここまで日本の電車の乗り方、電車内でやってはいけないことについて紹介してきました。日本の電車には明確な決まりだけではなく、大勢で利用するために気をつけなくてはならないこともあります。これらは日本ならではの文化でもあるので、問題がおこらないように、事前に知っておきましょう。