地震大国・日本で地震発生直後にとるべき行動

日本は地震が多い国です。いつどこで地震が起きても大丈夫なように勉強しておきましょう。

①地震発生の瞬間は適切な判断が難しい

大地震体験者の中には、突然の揺れに「飛行機が落ちた」「工場が爆発した」「火山が噴火した」と感じたと話す人もいます。身体がこわばって頭が真っ白になり、適切な判断が難しくなるのです。とるべき行動を想像しておくことが大切です。

②最優先で自分の命を守る

強い揺れで家具が転倒して下敷きになったり、窓ガラスの破片が頭を直撃すると、負傷したり命を落とす場合もあります。まわりの様子をみながら、すぐに物が「落ちてこない、倒れてこない」場所に移動しましょう。自分自身と家族の命を守ることを一番に考えて行動しよう。

地震発生直後の行動

1.揺れが収まってから行動する。

慌てて外に出ると、転倒、落下、物やガラス破片などによるケガのもと。揺れがおさまっても負傷しないよう散乱したガラスや陶器の破片などに注意します。

2.火元を確認する

火を使ってるときは、揺れが収まってから、あわてずに火の始末をします。出火したら、落ち着て初期消火に当たります。

3. 出口を確保する

揺れが収まったときにいつでも避難できるように、部屋の窓と玄関のドアを開けて出口を確保します。

4. ガラスや塀から離れる

屋外にいたら、瓦の落下、ガラス破片の飛散によるケガ、ブロック塀などが崩れて押しつぶされることがあるので近付かないこと。

自宅に潜む危険

1.リビング。キッチン

リビングで気を付けなければならないのは、背の高い家具の下敷きになること、窓や照明器具などのガラスの飛散によるケガ。揺れを感じたら物が『落ちてこない。倒れてこない。いどうしない』場所に隠れます。キッチンの冷蔵庫や電子レンジなどの大きく重い家電、棚からの物の飛び出しなどにも注意が必要。

揺れが収まったら、ケガをしないように底の厚いスリッパなどで足を保護して移動。ドアを開けて避難経路を確保します。調理中の場合は、まずは身を守ることを最優先に考え、火を始末は揺れが収まったら後にあわてずに行きます。

2.寝室

窓ガラスの破片やつり下げ式照明器具などの直撃を避けるため、枕や布団などで頭を保護し、スタンド屋や鏡台などが倒れてこない位置に移動すること。メガネは日頃かがみやからケースに入れてから寝るようにすれば、破損を防ぐことができ、、あわてずに済みます。

揺れが収まったら、底の厚いスリッパを履き、ドアをあけて避難経路を確保。停電すると真っ暗闇になるので、あらかじめ懐中電灯を用意しておけば、暗闇の中でも安全に移動が可能。また、停電時に自動で点灯する市販の保安灯を備え付けておくのも一案です。

3. 二階

古い建物の一階は倒壊して身体が押しつぶされる危険があるので、慌てて一階に下りないこと。耐震基準を満たしてない建物は、外に脱出すべきか状況を見て判断します。

4. トイレ

閉じる込められて避難できなくなる恐れがあります。揺れを感じたら閉じ込められないようドアを開けておきましょう。できれば、すぐ逃げられるように廊下や玄関など、より安全な場所に移動します。

5. 浴室

裸でいる浴室はケガをしやすい場所です。鏡や電球などのガラス類の飛散から身体を守るため、洗面器などを頭にかぶり、すぐに浴室から出て安全な場所に移動します。

6.床にガラスなどが散乱していたら

床に散乱したガラス・陶器などの破片を踏むと、負傷して歩けなくなるリスクが高まります。底の厚いスリッパを履いて安全な場所に移動します。

7.閉じ込められたら

万一部屋に閉じ込められたり、身動きできなくなった場合、大声を出し続けると体力を消耗し、命の危険があります。硬い物でドアや壁をたたいたり、大きな音を出して、自分が室内にいることを知らせます。

外出先に潜む危険

1.オフィス

キャスターを固定していないコピー機などは、あらぬ方向に移動します。体に当たると、大ケガの原因に。また、窓ガラスの破片などが頭を直撃すると、命を落とす危険もあります。キャビネットの転倒や飛散するガラスに注意しながら物が「落ちてこない。倒れてこない。移動しない。」場所に身を隠します。

揺れが収まって避難する場合、余震や停電でエレベータが停止するおそれがあるので、階段を使いましょう。また、高層ビルは長く揺れ、高層階にいくほど大きく揺れて立っていられないほどになります。すぐに安全な場所に避難して、揺れが収まるのを待ちます。

2.繫華街

落下物から身を守り、ビルの倒壊にも注意しながら、公園など安全な場所へ。広い所に逃げる余裕がない場合は、耐震性の高い比較的新しい鉄筋コンクリートのビルに逃げこみます。人混みで最も怖いのがパニックになることです。人の多い場所こそ、冷静な行動が求められます。

3.学校

教室で身を守るには、飛散した窓ガラスの破片や照明器具の落下を避けるため、窓から離れ、机の下に隠れる、脚を持って揺れが収まるまで待機します。廊下ではすぐに窓から販れ、階段では転げ落ちないよう手すりにつかまります。揺れが収まったら、先生・教師の指示に従って行動しましょう。

4.駅

落下物などから身を守り、ホームから転落しないよう近くの柱に移動。混雑して身動きがとれないときは、うずくまって揺れが収まるのを待ちます。地下鉄の場合、いち早く地上に出ようとしてパニックになる危険も。ホームから線路線路には絶対に下りず、揺れが収まったら、駅員の指示に従います。

5.電車内

強い揺れを感知すると電車は緊急停車するために、人に衝突したり倒れる危険があります。座っていたらカバンなどで頭を保護し、立っているときは、姿勢を低くして身を守る。満員電車では手すりやつり革にしっかりつかまり、足を踏ん張って倒れないように。揺れが収まったら、乗務員の指示に従います。