外国人が日本でアルバイトするときに知りたい履歴書の書き方

日本では、アルバイトで働く場合にも「履歴書」が必要になります。
「履歴書」の記入は、メモのようにラフに書きなぐってはいけません。
ていねいに読みやすく書かなければなりません。

① 日付・氏名欄の書き方・写真の撮り方

日付や氏名、写真は採用担当者が最初に目にする部分です。
文字が丁寧に書かれているか、印象の良い写真が貼られているかで、履歴書全体のイメージが大きく変わります。
名前の文字は小さ過ぎず、大き過ぎず、枠の中に収まるように書きます。

②住所・連絡先欄の書き方

住所や電話番号・メールアドレスは企業からの連絡を受けるために必要なものです。
正確に記入することはもちろん、読み取りやすさを重視して記入しましょう。

③学歴・職歴欄の書き方

学校名や企業名は省略せずに正式名称で、入学・卒業や入社・退職の年月は間違いのないように, 正確な情報をしっかりと記入しましょう。

④免許・資格欄の書き方

どんな免許や資格を保有しているのかも、応募先企業への大切なアピール材料の1つです。
仕事に関連のあるものは必ず記入し、スキルの高さを伝えましょう。

⑤志望動機欄の書き方

志望動機では、応募先の企業で働きたいという熱意や真摯な姿勢を伝えます。
なぜその企業でなくてはならないのかを、簡潔にポイントを絞って記入するといいでしょう。

⑥本人希望記入欄の書き方

あなたの希望を伝えるための項目ではありますが、伝え方には注意が必要です。
「希望が通って当たり前」というニュアンスは避けなければいけません。

⑦履歴書によって異なる項目の書き方

使用する履歴書によっては「趣味特技」や「長所・短所・性格」「通勤時間」などを記入する欄があるものもあります。
それぞれの正しい書き方も確認しておきましょう