外国人が日本で電車のICカードを作る方法

交通機関の利用に便利なICカードがあります。
ICカードで電車にも乗れます.

東京ではSUICA(JR)・PASMO(私鉄)でカードの名前が違います。

大阪ではICOCA(JR)・PiTaPa(私鉄) 札幌Kitaca(JR)・SAPICA(私鉄)と地方によって呼び方が違いますが、基本作成方法は同等です。

本誌ではSUICA(JR)・PASMO(私鉄)の作成方法でICカードの作成を説明します。
現在はJRや私鉄各沿線の改札や、バスの車内のほとんどにICカードの読み取り機が設置されています。
ICカードの入ったウォレットごと読み取り機にタッチするだけで、駅の改札も通り抜けられますし、バスにも乗車できます。
全国各地の非常に広いエリアで使用できるカードです。
さらに、乗り物以外にも、コンビニ、スーパー、飲食店、自動販売機などでも使うことができます。
チャージしながら使うものなので、審査も資格も要りません。
どちらか作っておくと、非常に便利です。

SuicaとPasmo、どちらのICカードもチャージして使える場所にはとんど変わりはないのですが、2つのカードは購入できる場所が異なります。

1、Suica

Suicaは、JR東日本発行のICカードですので、JRの駅の改札口で購入できます。
Suicaには、無記名の「Suicaカード」と記名式の「My Suica」「Suica定期券」があります。

これらのSuicaを手に入れるには、JRの駅の改札に置かれている券売機の中から「多機能券売機」を使います。黒っぽいタイプの券売機です。

Suicaの購入方法


「多機能券売機」で、タッチパネルの画面に「きっぷ」「定期券」「Suicaの新規購入」「チャージ」が出ますので、その中から、「Suicaの購入」を選びます。

次に「My Suicaの新規購入」、「Suicaカードの新規購入」、「チャージ(入金)」と画面に表示されるので、「Suicaカードの新規購入」にします。
手っ取り早くSuicaを手に入れたいのなら、この「Suicaカード」を選びます。

すると、「1,000円」・「2,000円」・「3,000円」・「4,000円」・「5,000円」・「10,000円」と、チャージに応じた金額が出ますので、金額を選びます。
この金額には、デポジット(預り金)500円も含まれますので、実際に運賃として使えるのは、500円を引いた額になります。

「3,000円」を選べば、2,500円分がチャージされ、使えることになります。
「カードを起こすのに500円かかるの?」と思われるかもしれません。

しかしデポットですので、運賃を使い切って使わなくなったら、最寄り駅の窓口でカードを返却すれば500円は返してくれます。

あとは、券売機の現金投入口にお金を入れるだけです。
これで「Suicaカード」の購入は完了です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

紛失に気付いたら、すぐに駅窓口に届け出を!
「My Suica」や記名式「PASMO」を紛失した場合には再発行してもらうことができます。

しかし補償してもらえるのは、あくまで紛失を届け出たときに残っていた分だけです。
紛失の届出が遅く、その間に使われてしまっていた分については、保証してもらえません。

紛失に気付いたら、一刻も早く駅窓口に届け出るようにしましょう。

もし後で紛失したカードが見つかっても、見つかったカードは既に利用が停止されていますので、使えません。
このとき、もう使えないからと言って、捨ててしまってはいけません。
窓口に行って使えなくなったカードを返却すれば、デポジットの500円を返してもらうことができます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Suicaカード、My Suicaが不要になった場合

母国に帰るなどの理由で、Suicaカード、My Suicaが不要になった場合、窓口でカードを返却すれば、デジポットの500円は返金してもらうことができます。

チャージした金額に残額があれば、それも返してもらえます。ただし払い戻し手数料が220円かかります。
同様に無記名PASMO、記名PASMO(PASMO定期券は除く)が不要になった場合にも、チャージに残高があればデジポット500円とともに返してもらえます。Suicaと違い、手数料は不要です。

カードが古くボロボロになった場合、読み込みにエラーが出る場合には、SuicaもPASMOもカードを返却すれば、新しいカードを再発行してくれます。

このとき古いカードにより返却されるデポジット500円はそのまま新しいカードの発行に反映されるので(いわゆるカードの交換)、デジポットはかかりません。
またカードの交換の場合には、手数料もかかりません。