日本での銀行口座の作り方を外国人向けにまとめてみた

現金を常に持ち歩いたり、自宅に保管しておいたりするのは不安です。銀行口座は、給料の振込みにも必要になります。また、水道や電気、ガス、携帯料金の支払いなどにも使うのにも、便利です。

口座開設の際には印鑑(通称ハンコ)が必要になります。.

銀行の届出印は実印である必要はありませんが、シャチハタネームと呼ばれる印鑑は、原則として銀行印としては使えません。

日本には多くの銀行があります。

「ゆうちょ銀行」は、もともとは国営の日本郵政公社の事業の中の1つであった貯金事業が民営化されできた銀行です。

「ゆうちょ銀行」以外にも、日本には多くの民間銀行があります。

民間銀行を大きく2つに分けると、ある地方を中心に営業を展開している地方銀行と、都市部を中心に全国的にサービスを展開している都市銀行とがあります。

都市銀行は、窓口になる支店やATMが日本中どこにでもあるので、口座開設に都市銀行を選んでおくと、後々非常に便利です。

代表的な都市銀行には、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などがあります。これらの銀行のATMはコンビニにもあります。
こうした銀行で口座を開設するには、日本での滞在が6ヶ月以上経過していることが必要になります
「在留カード」を持っていても「入国後6ヶ月以上」経たないと、日本の銀行口座での開設は難しい場合があります。
しかし銀行の運営はその銀行任され、口座開設の審査に関しても、銀行やその支店により微妙に異なっています。
ですので、職場や住まいの周囲にこれらの銀行がいくつかあれば、「この銀行」と決めずにいくつかの支店に口座開設を申し込んでみるといいでしょう。
その際職場か住いの近くの支店で申し込みするようにします。

あまりに本人の生活とはかけ離れた無縁の地の支店で口座開設すると、理由を詳しく聞かれたり、場合によっては断られたりする原因になります。

このような店舗を持つ銀行のほかに、店舗を持たないインターネット銀行もあります。
昔は「銀行」と言ったら、店舗を持つ実店舗型銀行でした。ネット銀行は、歴史の新しい銀行です。セブン銀行はその代表的なものです。

ネット銀行は、ほかにもイオン銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行などがあります。

ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行の店舗数は、現在全国の郵便局・ゆうちょ銀行で約24,000店舗。

ATMの台数は、約28,800台に上ります

外国人にとって口座開設のハードルが低い銀行といわれているのが『ゆうちょ銀行』です。滞在6か月未満でも口座を開設できます。

ただし、滞在6か月未満の場合、日本に住所を持たない「非居住者」の扱いになり、開設できるのは「非居住者用口座」になります。

非居住者用口座とは?

日本滞在6か月未満の外国人は、日本に住所を持たない「非居住者」の扱いになります。

開設できる口座は「非居住者用口座」になります。

「非居住者用口座」では、ATMも使えなければ、キャッシュカードを使った振り込みも、口座の自動引き落としもできません。

口座を開設した支店での入出金のみに限られます。

「非居住者用口座」は、入国後6か月経った時点で、改めて手続きをすれば、日本人と同じ普通の口座に変えることができます。オンラインを使った送金システムやATMが使えるようになります。

ATMが使えるようになると、ゆうちょ銀行のATMならどこのATMを使っても、ATM利用時間内の入出金には手数料はかかりません。
また振り込みについても、同じゆうちょ銀行宛てであれば、月5回までは手数料がかかりません。

ゆうちょ銀行の口座開設に必要なもの

印鑑については、ほとんどの銀行では、使う習慣がない外国人の場合でも使う習慣がない外国人の場合でも印鑑が必要になりますが、ゆうちょ銀行ではサインでも口座開設ができます。

しかし、日本で長く暮らすことを考えるならば、印鑑は作っておいたほうが後々楽です。

外国人が知っておくべきゆうちょ銀行・セブン銀行の銀行開設方法マニュアル

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

銀行印に使う印鑑

銀行印に使用する印鑑は、実印と同じものにしないようにしましょう。

万が一失くした場合、銀行に銀行印の変更届けを出すばかりではなく、実印の登録も廃止と改印手続きをしなければならなくなり、非常に面倒です。

とりあえず銀行印の変更手続きだけ行って、放っておくと、たとえば引越ししてアパートを借りる場合に、実印と印鑑登録証明書が必要になり、慌てることになります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

三菱UFJ銀行

 ソース画像を表示

 

三菱UFJ銀行では、国内に773店 海外に73店 (2010年3月時点)に支店を置き、日本全国に約8,300台のATMを設置しています。

三菱UFJ銀行では、現在日本滞在6ヶ月未満の「非居住」にもを口座開設を認めています。
また入国後6か月以上経過しているのであれば、日本に住所または居所があるものとして、一般の口座開設ができます。
国内の日本人と同じように、ATMも使えますし、キャシュカードを使った振り込みもできるようになります。

三菱UFJ銀行の本支店でのお金の出し入れには、ATM利用時間内なら手数料もかかりません。

三菱UFJ銀行口座の開設に必要なもの

・本人確認書類

・申込書への自署での記入(フリガナは日本語カタカナで)

・印鑑(銀行口座の届出印になります。シャチハタは除きます

・連絡可能な電話番号

 

口座開設に必要な本人確認書類

本人確認書類は、次のうち、いずれかが必要ですが、皆さんは在留カードを用意します。

・Aのうち1つが必要になります

・Aが用意出来ない場合:Bのうち2つ

・Aが用意出来ない場合B1つとC1つの両方

運転免許証

パスポート

個人番号カード

住民基本台帳カード

在留カード

特別永住者証明書

運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)

 

いずれも写真のあるものに限られます。

 

健康保険証

C 住民票の写し(コピー不可)

公共料金(電気・水道ガス・固定電話・NHK)の領収書(最近6ヶ月以内のもの)
住民票の記載事項証明書
戸籍の謄本または抄本(附票付き)
印鑑登録証明書(実印が口座届出印でない場合のみ)
官公庁より発行・発給された書類(顔写真のないもの)
国税・地方税の領収書
納税証明書(領収書日付等が6ヶ月以内のもの)
社会保険料の領収書(領収書日付等が6ヶ月以内のもの)

 

本人が店頭に出向くほか、郵送による口座開設方法も扱っています

 マイナンバーカード(個人番号カード)がある人の場合には、インターネットからの申し込みも可能です。

https://www.bk.mufg.jp/info_cam/2018_shinseikatsu/index.html?banner_id=b398190

 口座開設までには約1週間、インターネットからの申し込みの場合には2週間かかるとされています。

みずほ銀行

ソース画像を表示

みずほ銀行は全国47都道府県に466の支店・海外22支店(2017年6月末時点)、日本では約5,600のATMを設置しています。

みずほ銀行では、現在日本滞在6ヶ月未満の「非居住」にもを口座開設を認めています
また入国後6か月以上経過しているのであれば、日本に住所または居所があるものとして、一般の口座開設ができます。

国内の日本人と同じように、ATMも使えますし、キャシュカードを使った振り込みもできるようになります。
みずほ銀行の本支店でのお金の出し入れには、ATM利用時間内なら手数料もかかりません。

みずほ銀行口座の開設に必要なもの

・本人確認書類 Giấy tờ tùy thân
・申込書への自署での記入(フリガナは日本語カタカナで)

・印鑑(銀行口座の届出印になります。シャチハタは除きます)

・連絡可能な電話番号

口座開設に必要になる本人確認書類

口座開設に必要な「本人確認書類」には、次のAかBのいずれかが必要になります。

・A(顔写真のある証明書)皆さんは在留カードを用意して下さい。

・Aが用意出来ない場合にはBを用意(①と②の両方)

 

運転免許証

運転経歴証明書(2012年4月1日以降の発行のもの)

パスポート

住民基本台帳カード

在留カード
特別永住者証明書

個人番号カード

すべて写真のあるものに限られます。

 

 

 

 

健康保険証

年金手帳

福祉手帳

母子健康手帳

印鑑証明書

最近6か月以内公共料金(電話、水道、電気、ガス、NHKのいずれか)の領収証

国税・地方税の領収証、国民年金保険料や健康保険料などの領収証

納税証明書、住民票の写し

印鑑証明書(※①で印鑑証明書を選んでいない場合のみ)

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

求人情報サイト運営事業 ベトナム人留学生及び日本国内転職者の就職支援、 株式会社ポケットは、日本で学びたい・働きたいと考えているベトナム人を支援する会社です。在日ベトナム人の総数は約26万人(2017年12月末現在)おり在留外国人比率では第3位でありながら、公共機関を始め生活の基盤となる施設や設備においてベトナム語に対応しているところは非常に少ないです。 そうした住みづらく働きづらい環境から来日後に様々な問題に直面する人々が増えていますが、当社は来日してくれたベトナム人が抱える様々な社会問題を解決すべくサービスを始めています。言語・風習・文化など様々な違いがありますが、日本の産業が発展していく上でお互いのことを理解しなければいけません。その助けになれるように社員一丸となって取り組んで参ります。