外国人が日本の1年間の気候と人々の様子

毎年気候変動はあるものの、日本は春夏秋冬の四季がはっきりしている国です。
大まかですが、日本の1年間の気候と、人々の様子です。

3月、4月、5月
3月の中旬を境に暖かくなり始めます。
3月末までには厚手のオーバーコートは不要になります。3月末から4月の初めにかけて桜が開花します。開花前後に「花冷え」と言われる寒い日を経て、温かくなっていきます。草花も成長に勢いを増し、4月頃から順番にさまざまな花を公園や歩道に咲かせていきます。
4月初めから中旬にかけて春風と呼ばれる強い風が吹きます。ポカポカと暖かい日が続き、春分(3月20日頃)を経て、昼間の時間も長くなっていくのを感じます。以降5月にかけて、過ごしやすい日が続きます。日中は暖かく半袖でも過ごせるようになります。

しかし、夕方から夜にかけて急に冷え込み、ジャケットやセーターが必要になります。

昼と夜とで気温差のある、いわゆる春の気候になります。

5月初めから中旬にかけて、昼間は真夏のように気温の上がる日も見られることもあります。

 

6月、7月、8月
5月末~7月の初めまで、梅雨(ツユ)の時期に入り、しとしとと雨の日が続くようになります。

雨により気温は上がりませんが、湿度は高く、非常に蒸します。

梅雨が明けると、本格的な夏の到来になります。

木々の緑は勢いを増し、葉は若草色から濃い緑色へと変化していきます。

公園の芝生には雑草が増え、刈っても刈ってもまた増えて行きます。

気温も湿度も高い日が続き、夜になっても気温が下がらない熱帯夜の日も続きます。

熱中症で倒れる人も多くなり、水分補給は欠かせなくなります。
7月の終わりから、8月、9月と台風が上陸した地域は、非常に強い雨と風とによる被害に見舞われます。

夏至(6月20日頃)を境に昼の長さは次第に長くなっていきます。

※2018年の夏
20187月初めは、台風の影響を受けた梅雨前線により、西日本を中心に記録的な大雨となり、局地的に大きな被害をもたらしました。
その後は日本全体が「命に危険を及ぼす災害レベル」の猛暑に見舞われました。気温が40℃を超える地域もあり、熱中症で救急搬送された人数も過去最多の54,000人を超えました。各地で農作物が枯れ、価格が高騰しました。

 

9月、10月、11月

 

例年9月中旬頃までは暑い日が続きますが、それを過ぎると、めっきり涼しく、過ごしやすい季節になります。

湿度もあまり高くなく、一般的にカラッと晴れた日が続きます。

ただし9月は台風が上陸することも多くあります。

気温が低くなるに連れて、落葉樹は、葉の色を赤や黄色に変え、12月の初めまでに葉を落とします。

紅葉はすごく美しく、日本人に愛されています。

11月の下旬から、グンと寒くなり、コートが必要になります。

昼の長さは冬至(12月20日頃)に向けて短くなり、朝は7時近くまで、夕方は4時半過ぎると真っ暗になります。

※2018年は9月初めに、最大瞬間風速を更新する、非常に勢力の強い台風が上陸し、局地的に大きな被害をもたらしました。

冬が近づいても暖かい日が続き、紅葉の見ごろの時期も例年よりも遅れました。

 

12月、1月、2月
北の地方では雪が振り、大雪に見舞われることもあります。

非常に寒い北風が吹くこともあり、コート以外にも、手袋やマフラーが欠かせなくなります。

ロシアのほうから寒波が押し寄せると、厚手のダウンコートが必要になってきます。

南の地方や都会では滅多に雪は降りませんが、何回か雪の降る年もあります。

※2018年は、1月下旬に東京に4年振りに積雪23㎝の大雪が降りました。

2018年の12月の初めまでは、日中は半袖でも過ごせるかのような暖かい日続きました。

しかし2018年の年末には大寒波が押し寄せました。